生理前のイライラ・生理痛におすすめのPMSサプリメント

生理前のイライラ・重い生理痛の改善にはチェストベリー配合のPMSサプリメントがおすすめです

生理前のイライラ・生理痛におすすめのPMSサプリメント

生理前のイライラや生理痛に悩まされてはいませんか?
「毎月、生理が来るのが憂鬱で仕方ない」という女性も多いと思います。

生理前の諸症状の原因は、女性ホルモンのバランスの乱れによって起こります。

排卵から生理が始まるまでの間には、

・女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の急激な増減が起りやすい。
・セトロニンが異常分泌を起こしやすい。

など、女性ホルモンの分泌のバラつきがみられるからです。

生理前のイライラや生理痛を軽くするには、まず生理のときのホルモンバランスの乱れをなるべく少なくしてあげるという対策が必要です。

ここ最近では、このようなホルモンバランスに作用するある成分が注目されています。

チェストベリーというハーブはご存じですか?

チェストベリー

あなたは、チェストベリーというハーブの存在を知っていますか?

チェストベリーは、ヨーロッパから地中海沿岸に生息するハーブです。
現地では、古くから女性の生理前の症状を和らげる薬として認められていました。

女性ホルモンの分泌をサポートしてくれるため、
生理痛などの婦人科用の薬として大切にされていたのです。

日本でも、ようやくチェストベリー配合の生理痛緩和薬が医薬品と認められ、市販されるようになりました。

チェストベリーの効能が、医学的にも認められたということです。

重い生理痛や生理前の精神的不安に作用することが認められた、唯一の成分であるチェストベリーを配合して作られているのが、生理前症状の重い女性に向けたPMSサプリメントです。

今までは、生理前の重い症状の改善にはピルが使用されていました。
ただ、身体への副作用を嫌がる女性も少なくありません。

そのため、副作用の心配が少なくて手軽に飲めるPMSサプリメントが、多くの女性から支持されています。

主に、

・生理前の肌荒れ・ニキビの改善
・重い生理痛・下腹部痛を和らげる
・イライラ・怒りっぽくなるなどの心の不安定感を和らげる
・偏頭痛のような頭痛への対処

などを目的としてサプリメントが飲む女性が多いようです。

ここで、チェストベリー配合の人気のPMSサプリメントをいくつか紹介します。

チェストツリー配合のPMSサプリランキング

 

PMSサプリメントムーンラックLP

ムーンラック

チェストツリー・カチィプファティマという2種類のハーブを配合。
2016年にはチェストベリーサプリメントNo.1を獲得しています。

ペパーミントの香りでさわやかな飲み心地が人気。
他のサプリと違った飲みやすさが、女性から支持されている理由です。

初回は980円という気軽な値段でお試しができます。
また、10日間の返金保証が付いているので、身体に合わなかった場合も安心。

第1位

 

PMSサプリメント女性のミカタLP

女性のミカタ

身体の症状改善は「すこやか編」、ココロの症状改善は「やすらぎ編」と2種類に分かれています。

女性ホルモンの乱れ、肌荒れ、むくみなど身体の症状に悩んでいる女性は、「すこやか編」、イライラ、情緒不安定などココロの悩みが大きい女性は「やすらぎ編」がおすすめ。

ビタミンB系の美肌ビタミンもたっぷりと配合されていて女性には嬉しいPMSサプリメントです。

第2位

 

ルナベリーLP

ルナベリー

有効成分のチェストベリーが1粒に40mgも含まれているPMSサプリメント

その他にも、イライラを和らげる作用のある月見草オイルや、集中力を高めてくれる亜麻仁油、9種類の天然ハーブなどが配合されていて、ゆっくりと生理前の重い症状にアプローチしてくれます。

120日間もある長い返金保証期間が特徴です。サプリメントの効果を実感するには時間がかかるので、これは嬉しい制度です。

第3位

 

その他、生理前の重い症状向けのPMSサプリメントリスト

めぐルナ  チェストツリーの他にも
クワンソウ、高麗人参配合
ズキラック  偏頭痛向けのサプリメント
ピクノジェノール  日本初のピクノジェノール配合
サトウチェストツリー チェストツリーにビタミンB6
カルシウムを配合
noi Lサポート 医療機関向け専売ブランドから
販売されるサプリメント

 

PMS(月経前症候群について)

「生理前になるとついイライラして彼氏とケンカになってしまう」、「出勤しないといけないけど、生理前は体がだるくて起きられない」このような症状はありませんか?

生理に関する悩みというのは女性しか分からないことですので、周囲に理解してもらえず苦しんでいる女性も多いのではないでしょうか?

生理が始まる3~10日くらい前からイライラやモヤモヤする、倦怠感や腹痛、頭痛、眠気などの症状のことをPMS(月経前症候群)といいます。

小林製薬株式会社が2012年に行った「PMS(月経前症候群)に関する男女の意識調査」では、PMSが理解されていないことをストレスに感じている女性も多く、とくに「同僚の男性に対して理解されていない」と感じている女性は84.8%もいました。

参照:「PMS(月経前症候群)に関する男女の意識調査」

なかなか周囲の人の理解を得ることができないPMSですが、PMSはイライラやモヤモヤなど精神的な症状が多く、彼氏や旦那さん、上司や同僚との人間関係にまで悪影響を及ぼしかねません。

人間関係が悪化する前に自分に合った改善方法を見つけておきたいところですね。

まずは女性ホルモンのバランスの乱れを整えることが大事

生理前のイライラ、モヤモヤ、ニキビや肌荒れ、むくみやほてりなどのPMS特有の症状は、女性ホルモンのバランスの乱れによって引き起こされると考えられています。

排卵から生理までの期間は、

  • 女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の急激な増減が起りやすい。
  • セトロニンが異常分泌を起こしやすい。

時期でもあります。特に夜更かしなどで生活習慣が乱れていたり、ストレスを抱えている女性は、上記のような状態になりやすくなります。

エストロゲンの急激な減少は、血管を収縮させるセトロニンの減少させ、脳の血管を拡張して偏頭痛をおこします。プロゲステロンは水分を体内にためる働きをするため、むくみが生じたり肌荒れの原因ともなります。

このような体調不良は生理前のイライラする気分をもっと悪化させてしまう原因にもなります。

なので、女性ホルモンの分泌のサイクルを整え、ホルモンバランスを整えるということを一番に考えないといけません。

生理前のイライラ・重い生理痛への対処法

もう我慢できない!今すぐつらいこの症状を何とかしたい!という方はピルで解消

避妊薬としてはよく知られているピルですが、ピルによってPMSを軽減することができます。
PMSというのは卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが乱れることによって症状が出るのではないかと憶測されています。

低用量ピル(OC:oral contraceptives)には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていて、それぞれがそれぞれのホルモンの量を調節し、排卵を抑制させるという目的で使われます。

ホルモンの量を調節するということは、ひと月に分泌されるホルモンの量が一定に保たれるということです。その結果、生理痛やPMSの症状が軽減されるのです。

ピルを使うメリット

ピルを使うメリットとしては、症状が改善されるまでの期間が短いことが挙げられます。
その他にも、肌荒れや吹き出物など肌のトラブルにも効果があり、
子宮がんや卵巣がんの発症も低くなるという報告もされています。

ピルを使うデメリット

ピルを使うデメリットとしては、副作用として吐き気やむかつき、頭痛、むくみなどの症状が出る場合があることです。この副作用に耐え切れず服用をやめてしまう女性もいます。

また、ピルを飲むと血栓が出来やすいともいわれ、
タバコを吸う方は禁煙をしないと危険ですし、血圧の高い方は使用できない場合があります。
ピルの先進国アメリカでは、ピルの副作用が原因と考えられる脳血栓で、10代半ばの少女が亡くなったケースもあります。

それと当たり前のことですが、ピルは避妊薬ですので妊娠を考えている女性には向きません。

低用量ピルの処方について

低用量ピルは医師であれば処方できますが、産婦人科以外の病院で処方している病院はほとんどありません。

産婦人科の医師の中にもピルの処方には否定的な医師もいますので、事前に電話で確認しておくと安心です。薬代は、3,000円前後(診療代を除く)ほどになります。

ゆっくりじっくり治したいのなら漢方で解消

薬などに頼るのでは無く、じっくりと症状と向き合い改善していきたいと考えているのでしたら漢方薬を試してみてははどうでしょうか?

漢方薬とは中国が起源で、その後日本で独自に発展した「漢方医学」で使われる薬のことです。

「生薬」と呼ばれる自然界に存在する植物などの薬効の部分を複数組み合わせて作られています。

漢方薬は一度にいくつもの症状に働きかけてくれるため、症状が多彩なPMSなどの病気には向いている薬といえます。

PMSの治療に使われる漢方

PMSの治療によく処方される漢方薬としては、以下のものがあげられます。

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

漢方の考え方には「気・血・水(き・けつ・すい)」という考えがあり、それそれ気の異常、血の異常、気の異常としてとらえられます。桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、この中でも「血の異常」を改善する漢方としてよく使われています。

血液の循環を良くするのはもちろんのこと、便通をよくする、不安やイライラを鎮め気持ちを落ち着かせるなどの効果が見込めます。ただし、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は体力のある人向けの漢方ですので、冷え性の方、虚弱体質の方には向きません。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)も桃核承気湯(とうかくじょうきとう)と同じく女性の月経トラブルによく処方される漢方です。どちらかといえば、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)のほうが女性向けの漢方といえます。

血行を良くし、のぼせや冷えなどを改善してくれる効果がありますので、生理不順や生理痛、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、足の冷えなどをよくしたい方に向いています。

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

加味逍遙散(カミショウヨウサン)も血液の循環を良くしてくれる漢方です。イライラや不安感が長く続くなど、精神的症状が強く出ている女性に向いています。

加味逍遙散(カミショウヨウサン)は、手足の冷え、のぼせ、生理不順や生理痛、頭痛、肩こり、倦怠感などの症状を緩和する働きがあります。精神的負担を和らげる効果が見込めるため、自律神経失調症や月経前緊張症などの症状にも効果があります。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)は、別名「女性の漢方薬」と呼ばれ、女性の婦人科系の病気によく使われています。桃核承気湯(とうかくじょうきとう)が体力があり、ガッシリした人向けの漢方であるのに対し、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)は、色白で冷え性、痩せ型で虚弱体質な方向けの漢方です。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)は、ホルモンバランスを整えたり、貧血を改善したりする作用があります。その他にも、体内の水の循環を良くしてくれる働きがありますので、足の冷えやむくみなどにも効果が期待できます。

漢方薬の処方と保険適用について

漢方薬は健康保険を適用して処方してもらうことができますが、これはあきらかな症状や病気があることが前提です。保険というものは病気の治療にしか使えないからです。

漢方薬を処方してもらうには、漢方専門の診療所に行って処方してもらうことが望ましいのですが、そのような診療所は自由診療のところが多く、保険が使えない場合がありますので注意してください。

保険が適用されないと薬代が月に2万円を超えることも珍しくありませんので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

2016/09/14